エバンスによるロレックス解説

HOME > エバンスによるロレックス解説 > GMTマスターII

ロレックス主要モデル解説 GMTマスターII ~

 1955年に発表されたGMTマスター。サブマリーナーの回転ベゼルのノウハウを応用して、異なる時差を移動する国際線パイロットの要望に応えてパン・アメリカン航空と共同開発により誕生しました。当時、パン・アメリカン航空は、「世界で最も経験のある航空会社」と呼ばれていて、公式採用されることで、ロレックスの信頼性を世界に広めました。
世界初のセカンドタイムゾーンを表示する腕時計として開発されたロレックスのGMTマスターは、2カ国の時間を表示できる画期的な機能を備え、航空産業の発展と共に一般にも海外渡航が広がりを見せた時代にトラベルウォッチとしてその名は世界に広く知れ渡ることとなります。 モデル名の由来はGreenwich Mean Time(グリニッジ標準時)の略称から名づけられ、イギリスのロンドンにあるグリニッジ天文台の平均太陽時を基準に定められた世界の時間帯の全てを、一つの時計の中に収めたGMTマスター。当時のモデルではベゼルが2色に塗り分けられているのか特徴です。この色分けによりGMT針の指す時刻の昼夜が一目で識別できるように工夫がされ、ロレックスの中でも最も機能的、実用的なモデルとして人気になりました。
現行のモデルは、GMTマスターの誕生50周年をあたる2005年に大幅モデルチェンジ。
2005年にグリーンダイアルのゴールドモデルが発表され、その後2006年にステンレスとイエローゴールドのコンビネーションモデル、2007年にはステンレスモデルが発表されました。

モデルの特徴

 GMTマスターの最大の特徴は時・分・秒針のほかに24時間で1回転するGMT(24時間)針を備えている点です。独立して設定できる短針に加え、GMT(24時間)針とベゼルに設けられた24時間表示により2カ国の時刻を読み取り、さらにベゼルを回転させることにより3カ国目の時刻を確認することができます。GMTマスターは実際に使用して、初めてその優れた操作性、実用性を実感できます。
またGMTマスターは、ステンレスモデル(Ref.116710)をはじめ、コンビネーションモデル(Ref.116713)、そして18金を用いた華やかな金無垢モデルもラインナップされています。金無垢モデルにはベゼルにルビーとサファイアをセッティングしたRef.116748SARU(通称SARU)やベゼルにサファイアとダイヤをセッティングしたRef.116748SAなど宝飾性の高いモデルのヴァリエーションも豊富です。これもGMTマスターが対象とする世界を股にかける顧客層のニーズに応えるべくラインナップされていると言えます。

▲ページトップへ

外装の特徴(ケース・ベゼル・ブレス等)

 現在のGMTマスター II では、ロレックスで初めてとなるセラミック製ベゼルが採用されています。従来のアルミ製ディスクにプリント加工したベゼルに比べ格段に耐久性がアップ。ベゼル上の書体も全体の雰囲気に見合うインパクトの強いものに変更されました。また、ベゼルの製造技術は特許を取得しています。数字部分は硬化する前のセラミックに彫り込んだ上から原子化したプラチナ、もしくはゴールドをコーティング。最後に研磨作業を経て完成するセラクロムベゼルは、ひとつ製作するだけで約40時間もの時間を要します。 ブレスレットはより堅牢なつくりになり、装着性の上でも、バックルの裏にハーフサイズのコマがたたみ込まれたイージーリンクと呼ばれる伸縮システムを採用。約5mm単位で簡単にブレスレットの長さを微調整することが出来ます。これにより、汗ばんだ際には緩めたり、腕回りの遊びが出ないように留めたりと手軽に調整が出来るようになっています。
ステンレス素材には時計ではロレックスのみ使用する【904Lスティール】(強度は高級ステンレス316Lの2倍以上。本来は化学産業の分野で用いられ、堅牢で研磨性、耐蝕性に優れています。)を鋳造した堅牢なオイスターケースを採用。また目立たない部分ですが、リューズの仕様がディープシーやサブマリーナーと同じトリプロックリューズへ変更となりました。リューズの王冠の下の3つのドットが目印です。防水性能は以前と同様の100m防水ですが、より高い信頼性を確保しています。

文字盤の特徴

 文字盤は時代の流行に左右されないシンプルでクラシカルなデザイン。現行モデルではインデックスが大きく、針とダイアルのコントラストが明確となっており、暗所では明るく発光するロレックス独自の【クロマライト・ルミネッセンス】を採用し高い視認性を誇ります。
また、文字盤とベゼルカラーに合わせGMT針の色はそれぞれ異なり、多針タイプながらも見やすく、完成された文字盤となっています。

ムーブメントの特徴

 ムーブメントは新型のCal.3186を搭載。短針を独立して操作できる機構を備えることで、GMT針とあわせて異なる2カ国の時間表示が可能です。また2005年発表時にはロレックス初の自社製ヒゲゼンマイ「パラクロム・ヒゲゼンマイ」を使用したことでも話題となりました。青色のこの素材は磁力、温度変化に強く、標準値の10倍もの強い耐衝撃性を持ち合わせたロレックスのオリジナル。安定した高精度を可能にしています。

海外に訪れる際にとても便利な機能を備えたGMTマスター。スポーツロレックスならではの堅牢な設計に加え、多機能ながらシンプルなデザイン性も相まって、ロレックスの長い歴史の中でも、とてもスマートなモデルとして認識されています。

 

GMTマスターII GMT master II

 
型番 116710 116713 116718LN(黒)
116718LN(緑)
116710BLNR 116719BLRO
ケース 904Lステンレス 904Lステンレス/
18Kイエローゴールド
18Kイエローゴールド 904Lステンレス 18Kホワイトゴールド
ケース径 40mm
ケース厚 約12.5㎜
風防 サファイアクリスタルガラス
ベゼル セラミック製24時間回転ベゼル
ブレスレット イージーリンク付オイスターブレスレット
動力 自動巻き
キャリバー Cal.3186
振動数 毎時2万8800回
防水 100m
その他 クロノメーター認定
 
  • GMTマスターII 商品一覧へ
  • ROLEX  ―エバンスによる主要モデル解説―
  • 技術者視点から見たロレックスここが凄い!

商品一覧

ブランド一覧

スペシャルコンテンツ

エバンスのROLEX

当サイトはSSL暗号化に対応しており、
安全性が証明されています。

Page Top